深温美療

深温美療
体温1℃アップセラピー

「加齢とともに体重が増えて、腰や膝に負担が増えた」「冷え、むくみ、肩や腰のコリがすっきりしない」。
更年期やプチ病として一括りにされたお客様がカラダの不調を訴え、接骨・整体・鍼灸院様に多数来院されています。 深温美療とは『カラダの内から美しく健康に』をテーマに、このようなお悩みを持つお客様に、「美容」と「治療」の両面から 体質改善を目指していただく深部加温セラピーです。

体温を上げて免疫力をアップ 体温が1℃上がると免疫が30%変わる、と言われていますが、どのようにしたら体温を上げることができるのでしょうか?
深温美療では高周波RAFOSを用いた、イオン間衝突から発する「ジュール熱」を利用することで、奥深い筋層、 内臓からカラダの外に向けて熱を伝導していきます。高周波によるカラダの中からの熱伝導は非常に冷めにくい特徴があり、 上昇した体温を持続させることは自律神経改善や血行促進・循環効率を向上させ、体内に溜まっている「むくみ」「老廃物」を排出し、 結果「痩せやすい体質」「病気になりにくい体質」に変えていく効果が期待できます。 深温美療セラピーは数回の施術で「今までと何か違う」「カラダが楽」など体質の変化に驚くお声を多数頂戴しており、 90%以上のお客様がリピーターになっていただいています。

  • RAFOS DD-RF

    従来高周波セラピーは深部加温と言われており、カラダを中から温める「脂肪」「筋」「骨」の蘇生に大変効果が高い施術と言われています。 特にRET(シルバー)電極は深く広く温熱を広げ、深層筋に作用します。 DD電極(DD-RF方式/Dynamic Direct Radio Frequency)は高周波の最大パワーを引き出すために 電極サイズをプレート板とほぼ同サイズの150mm,120mm,100mmのRET、CET電極を揃え従来に比べ熱容量の3倍以上、 温まるスピードも半分以下を実現しました。しかもデジタルコントロールシステムにより安定した熱源として安全・簡単に取扱うことが出来ます。

    rafos dd電極
  • CANAL 凹凸PAD

    カナルは古代江戸時代からの整復術で、その療法を取り入れたCANAL凹凸PADは、 突起形状と独自の編み方からの製法により、指圧代用器として「血流を促進」「筋肉をほぐし」「浮腫を軽減」します。 カナル療法はベットに敷いて寝ていただくだけ、腰に巻いていただくだけでご使用いただけます。